メニュー

ミラブルプラスで眼鏡を洗ってみた

お風呂場で撮った黒縁眼鏡

ミラブルプラスで思いつく一番の魅力は高い洗浄力だと思います。
前回のコラム「ミラブル販売店スタッフが油性ペンを試してみた」で洗浄力の実証をしたので、今回は眼鏡ユーザーの黒ちゃんがウルトラファインバブルの特性を生かして、愛用の眼鏡を洗ってみました。

眼鏡の洗浄ってしていますか?

水滴が着いた丸眼鏡

レンズの汚れは目立つので常に綺麗にすると思いますが、フレームや鼻パッドの洗浄頻度は落ちますよね。
私もレンズの部分は自分で、それ以外の部分は眼鏡屋さんで洗ってもらっていましたが、わざわざ眼鏡の洗浄だけでお店に行くのは面倒くさくお手入れを怠っていました(笑)
自宅で洗ったりしていましたが、どうしても手が入らない部分や部品の細かい所は汚れが取れず蓄積され困っていました(;´Д`)
でもウルトラファインバブルなら狭い所に入り込み汚れをかき出す働きがあるので「これは今までの悩みを解消できるのでは?」と期待を込め、さっそくミラブルで眼鏡を洗ってみました\(^o^)/

まずは汚れチェック!

眼鏡の鼻パッドに付着した汚れ

OMG!鼻パッドの裏側は指が入りそうで入らない、でも目で見える場所なので気になります。特に矢印の部分に汚れが、、、、。お恥ずかしい(/ω\)

眼鏡のフレームとレンズの間の溜まった汚れ 眼鏡のフレームとレンズの間の溜まった汚れ

このレンズとフレームの間が何をやっても取れない!色々試すも見ての通り頑固ちゃんで取れていません。
これらの汚れが果たして取れるのでしょうか????

ウルトラファインバブルの威力

ミラブルプラスのミスト水流で眼鏡を洗っている

汚れが多い顔側を念入りにミストを当てます。
一人で眼鏡洗いながら写真撮るのは難しい(;´Д`)

ミラブルプラスのミスト水流で眼鏡を洗っている

落ちろ~落ちろ~と念を送りながら全体の汚れも落ちるように眼鏡の至る所にミストを当てます。※洗剤は一切使用していません。
ミストを当てていた時間は全体でおおよそ2分ほどです。実際に計ってはいないですが油性ペンの検証をした時ぐらいの時間でした。

さぁミラブルのミスト水流で洗った眼鏡はどうなっているでしょうか?!
まずは人からも見えてしまう鼻パッドの裏側。

洗浄前と洗浄後の鼻パッドの比較画像

ズドン!はい、見事に矢印部分の汚れは綺麗に落ちています。
本当はもっと隅々まで綺麗になっているんですが私の写真技術では撮ることができませんでした(;´Д`)OMG!

洗浄前と洗浄後のフレームとレンズの間の比較画像 洗浄前と洗浄後のフレームとレンズの間の比較画像

フレームの方もスッキリ、サッパリ綺麗になってます。
この汚れを落とすために歯ブラシを用いてみたり、中性洗剤に浸けてみたりしてもビクともしなかった汚れちゃんが、たった数分ミストに当てるだけで根こそぎ落ちるとは、、、感動!

\これで手軽に眼鏡の洗浄ができる/

通常シャワーヘッドは体を洗うための物ですが、ミラブルプラスは体以外にも洗剤を使わずに綺麗にすることができるかも・・・。
これから年末の大掃除にミラブルプラスを活用してみて、またコラムでご紹介していきます!

\試すなら、30日間完全保証つきの正規販売店で!/
ミラブルオンラインはこちら