メニュー

夏もへっちゃら!
テカリ防止ベースメイク術

夏の汗やテカリにも強いベースメイクアイテム

夏の暑さはメイクの大敵!「午後になると汗でメイクが崩れ、顔のテカリが気になる……」なんて方も多いのではないでしょうか。

それならベースメイクの方法をほんの少しだけ変えてみましょう。ベースメイクにひと手間加えるだけで、簡単にテカリ防止はできるのです。

夏に肌がテカリやすい原因とは?

暑い季節はテカリが気になる女性

顔から分泌される皮脂は、肌表面で汗と混じり合うことにより、角質層内の水分蒸発を防いでくれる皮脂膜となります。本来、皮脂は肌のうるおいを守るためにも必要なものなのです。
しかし、夏場に汗をかき、角質層内の水分が逃げてしまうと、肌の乾燥を防ぐために過剰な皮脂分泌が起こります。
この汗と乾燥による過剰な皮脂分泌がテカリの原因となるのです。

顔のテカリを防ぐためには、角質層内のうるおいを保ちつつ、皮脂分泌を抑制することが重要になってきます。

テカリ防止ベースメイクのポイント

ここからはテカリ防止におすすめの3アイテムを使ったベースメイクのポイントをご紹介します。

収れん化粧水

毛穴の引き締め効果のある収れん化粧水

皮脂分泌を抑えたり、毛穴を引き締めたりする効果に期待ができる収れん化粧水(トーニングローション)は、テカリを防止するうえで心強い味方になってくれます。
通常、化粧水はスキンケアの最初に使用しますが、収れん化粧水は乳液を塗ったあとに使います。

収れん化粧水はコットンにたっぷり染み込ませ塗布するのが効果的

化粧水と乳液を塗り終えたら、コットンに収れん化粧水をたっぷりしみ込ませましょう。
コットン中央部にだけ丸くしみ込ませると、化粧水の浸透していない部分が肌に摩擦を与えてしまうので、全体的にたっぷりしみ込ませます。

コットンを使った収れん化粧水の効果的な塗布方法

コットンを中指、または中指と薬指の腹にのせ、やさしく押さえ込むように顔全体に塗っていきます。Tゾーンなどのテカリが気になる部分は特に入念に塗りましょう。

なお、収れん化粧水を選ぶポイントとしては、脂性肌(オイリー肌)の方であれば皮脂分泌抑制効果のあるビタミンC誘導体配合のタイプ。乾燥肌の方であれば保湿成分配合のタイプがおすすめです。

また、収れん化粧水のなかにはアルコールが配合されている製品も多いので、敏感肌の方はアルコールフリーのタイプを選び、事前にパッチテストを行ってから使うようにしてください。

テカリ防止化粧下地

テカリ防止に重要なベースメイク

忙しい朝はメイクに時間がかけられず、ベースメイクはファンデーションのみという方も多いかもしれません。しかし、テカリ防止のベースメイクにおいて、化粧下地は欠かせないアイテムなのです。

メイク持ちを良くしたり、毛穴やくすみなどの肌悩みをカバーしたりする化粧下地ですが、昨今は皮脂吸着成分が配合されたテカリ防止化粧下地も多く登場しています。
夏のメイクでは、このテカリ防止化粧下地を活用しましょう。

スキンケア後に行う、化粧下地の塗布方法

スキンケアを終えたら、化粧下地を5点置き(額・鼻筋・両頬・顎)し、顔の内側から外側に向かって肌になじませていきます。皮脂分泌の多いTゾーンは丁寧に押し込むように塗りましょう。

指よりもスポンジを使った方が肌表面の余分な油分をとってくれるので、可能であればスポンジを使うことをおすすめします。

肌の乾燥が気になる場合は、保湿成分も配合された皮脂抑制効果のある化粧下地を使う。もしくは、皮脂分泌が多いTゾーンのみにテカリ防止化粧下地を薄く塗り、その後通常の化粧下地を塗るようにしてみてください。

ファンデーション

メイクには欠かせないファンデーションの選択ポイント

「テカリを防止するには、どの種類のファンデーションを選ぶべき?」と悩まれる方も多いかと思いますが、夏向けに発売されているファンデーションであれば、基本的にパウダーでもリキッドでも大丈夫です。
テスターやサンプルを試したうえで、自分の肌質や理想の仕上がりに合うファンデーションを選んでください。

ただ、ファンデーションに使われるパウダーには余分な皮脂を吸着する働きがあります。パウダーファンデーションを使うのであれば問題ありませんが、リキッドファンデーションを使うのであれば、仕上がりにフェイスパウダーを使うようにしましょう。このひと手間でテカリ防止にさらなる期待が持てます。

ファンデーションの塗布方法

ファンデーションも化粧下地同様、顔の内側から外側に向かって肌になじませていきます。厚塗りをするとメイク崩れを起こしやすいので、Tゾーンは薄塗りでなじませるようにしましょう。
テカリ防止のためには、化粧下地と同じく、皮脂吸着成分が配合されたタイプがおすすめです。

また、水を弾くシリコーン(ジメチコンやシクロペンタシロキサンなど)が配合されたタイプだと、汗による化粧崩れ防止に期待ができます。
ただ、シリコーン配合の化粧品は洗浄力が高いクレンジングでないと落ちないタイプも多いので、乾燥肌や敏感肌の方が使用する場合は注意が必要です。

テカリ防止ベースメイクで素敵な一日を過ごそう!

外出先でメイクが崩れ、顔全体がテカってしまうと、せっかくの楽しい気分も台無しになってしまいます。
一日を楽しい気分で過ごすためにも、この夏はテカリを抑えるベースメイクに挑戦してみてはどうでしょうか。ほんのひと手間を加えるだけで、テカリ知らずの肌を手に入れることができるはずです。

\試すなら、30日間完全保証つきの正規販売店で!/
ミラブルオンラインはこちら