メニュー

ミラブルケアをボディケアにも使ってみた!

お肌をうるおいで満たしてくれるミラブルケア。

いつもどおり顔と一緒に首やデコルテまでミストを浴びているとき、ふと思いました。
もしかしてこのまま体じゅうに浴びちゃえば、全身のケアにも使えるのでは…?

ミラブルケアと脚

ボディクリームを全身に塗るのは手間に感じてサボりがちだけど、シューッとミラブルケアを浴びるだけなら…面倒くさがり屋な私にもできるかもしれません!

そこでさっそくためしてみることにしました。

ためしてみたケア方法

ミラブルケアと腕

やり方は簡単。お風呂上がりの身体をバスタオルで拭いてから、ミラブルケアをシューッと全身にかけるだけです。中に入っているのは普段使っている顔用の化粧水です。

さっそく実験! 使い心地や気になる効果は?

ミラブルケアをボディケアに使ううえで一番気になっていたこと。
それは「何回くらい噴射すれば全身ケアできるの? 」ということです。

ミラブルケアを脚に吹きかける

先に結論から言うと…約10回!

肩~手首までで左右1回ずつ、太もも~足首までで左右2回ずつ、胴体の前面に2回、背面に2回、といったイメージです。

今回使用したのは水のように粘度の低い化粧水。ミストが広範囲にキレイに広がり、このような結果になりました。
粘度の高い化粧水なら、もう少し回数が多くなるかもしれません。

ミラブルケアと化粧水

次に気になっていたのは「シュコシュコ、シューッ! って何回もやるのは時間がかかるんじゃないの? 」ということ。

その疑問を確かめるべく、全身にボディクリームを塗る時間とミラブルケアをかける時間でどのくらいの差が出るのか、実際に計測してみました!

時間を計測する

ボディクリーム→1分45秒 ミラブルケア→2分20秒

ミラブルケアをポンピングする速さや回数などによっても変わるでしょうが…私の場合は、それほど差はないという結果になりました。

ボディクリームは脚に塗るとき身体をかがめなくてはいけなかったり、背中に塗るのがちょっと大変だったりします。

その点、ミラブルケアはシューッと大雑把にかけるだけでいいので、ケアするのがとても楽に感じました。

ボディクリームが余った手の平

ボディクリームのようにベトベトしないので、ケアしたあとわざわざ手を洗わなくてもいいところも楽で嬉しいポイントでした。

気になるお肌への効果はというと…ミラブルケアをかけたお肌の手ざわりは、しっとりうるうる!

しっとりうるおった腕

とろみでペタっと膜を貼るような付け心地のボディクリームに対し、ミラブルケアはまるで肌が水をゴクゴク飲んだように、内側からのみずみずしさを感じます。
軽いタイプの化粧水なのでベタつかずサラッとして、すぐにパジャマを着ても貼りつくような不快感もありません。

特に悩んでいたひじやひざの乾燥、粉ふきも、数日間ミラブルケアでケアすると気にならなくなりました。

ためして感じたデメリットとおすすめのケア方法

ミラブルケアをポンピング

まず、ミラブルケアの加圧を何度もするのが面倒! という人にはもちろん向きません。
1回噴射するのに10回加圧するとしても、噴射10回分なら加圧は100回!

私は「二の腕のエクササイズだ~」とこの時間さえも楽しんでいますが(笑)

ミラブルケアとボディクリーム

また、フェイスケアの延長でボディケアする今回の方法では、使うのは顔用の化粧水ということになります。そのためボディ専用のクリームなどに比べると、保湿力で勝ることはできません。

保湿力重視でケアしたい人、マッサージもかねてケアしたい人などにはあまり向かないでしょう。

ミラブルケア

ただ、クリームを直接手で塗りこまなくてもいい手軽さはかなり魅力的です。

お風呂上がりは子どもたちの世話で手一杯…自分のボディケアに手間をかける余裕なんてない! そんな状態だった私でも、あまり負担を感じずシューッと全身ケアできました。

ベタベタするのが苦手で軽い付け心地が好きな人にも、ぜひためしてみてほしいです。

ここでおすすめのケア方法をいくつかご紹介!

ミラブルケアでコットンパック

まずは、特に乾燥が気になる所への集中ケアです。

ミラブルケアを染み込ませたコットン(ガーゼなどでもOK)を貼り付けてパックしちゃいましょう。フェイスパックみたいですよね!

お風呂上がりにひざにぺたぺたと貼り、5分ほど置くのを3日間続けてみました。

ミラブルケアでしっとりしたひざ

左:Before 右:After

乾燥による白い粉ふきがましになり、みずみずしくなりました! 写真では伝わりにくいですが、3日後のひざは指先に引っかかるようなカサカサ感が解消され、しっとりすべすべの手ざわりです。

今はひじやかかとにもためしています。

次は、 時間に余裕があるときにおすすめのスペシャルケア。
【お風呂でミラブルプラスのミスト水流を全身に浴びる→その水分をあまり拭き取らずミラブルケアをかける→クリームでさらに保湿】

ミラブルケアとミラブルプラス、ボディクリーム

少し手間はかかりますが、このケア方法で仕上げた肌は極上の質感!ミラブルプラス&ミラブルケアで贅沢にチャージした肌のうるおいを、保湿クリームでさらに閉じ込めてあげるような感覚です。

弾けるようにみずみずしいもっちり肌になれました。

ミラブルケアは顔だけじゃなく身体にも浴びちゃおう!

ミラブルケアと脚

ボディにもうるおいを与えてくれたミラブルケア。
お風呂上がりにできる手軽なケアとしてはもちろん、ミラブルプラスやボディクリームとの合わせ技でスペシャルケアとして使っても◎。

シーンに合わせた使い方で、無理なく日々のボディケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

ミラブルオンラインはこちら