メニュー

夏のマスク生活を
涼しく快適に過ごそう!

今年の夏はなんでも “ダブル高気圧” の影響で、全国的に猛暑になる予想なんだそう。そんな気温下でも引き続きマスクは必須だなんて、私たちの身体や肌にとっては過酷以外の何ものでもありません。

夏のマスク対策

それでも今年の夏は1度きり! それならできる工夫を最大限して、マスクを着けていたって少しでも涼しく楽しくお出かけしたいものです。

そこで今回は、暑い日のマスク生活を快適にするアイデアやお助けグッズをご紹介します。

夏のマスク生活で起きるトラブルは?

夏のマスク生活で肌トラブルに困っている女性のイラスト

まず知っておきたいのは、夏のマスク生活が引き起こすトラブルのこと。
高温や多湿の状況下で長時間マスクをしていると、身体にこもった熱が逃げにくくなったり気付かないうちに脱水症状になったりする恐れがあり、熱中症にもつながります。

また、直接触れている肌へのダメージも深刻です。
マスクによる擦れやムレは、ニキビや乾燥などの肌荒れを引き起こします。そのうえ、ファンデーションやリップはマスクにべったり…。
せっかくメイクをしたってどうせ崩れるからと、オシャレに気合いが入らなくなったという女性も多いかもしれません。

マスク生活を快適にするアイデア

●マスクの素材にこだわる

麻を使ったマスク

最近ではたくさんの種類のマスクが登場していますよね。
なかでも接触冷感タイプのものは、ひんやり冷たい着け心地で暑い夏にぴったりです。
アレルギー肌や敏感肌の人には、通気性が良く肌への刺激も少ない、綿や麻で作られた天然素材の布マスクもおすすめですよ。

●ひんやりコスメでクールダウンする

収れん化粧水とミラブルケア

体感温度を下げる効果的な方法といえば、ひんやりコスメによるクールダウン。
例えば、朝のスキンケアには冷感タイプの化粧水を、昼のメイク直しには冷感フェイスミストを取り入れてみてはいかがでしょうか?
毛穴を引き締める “ミラブルケア×収れん化粧水” のスペシャルケアなら、日中のテカリも抑えられてサラサラ肌が続きますよ。

ミラブルケア×収れん化粧水のケア方法はこちらのコラムでも紹介しています。
ミラブルケア×収れん化粧水で集中毛穴ケア

●それでも暑いときは首周りを冷やす

首元を冷やしている女性

マスクを冷感素材にしても、コスメでクールダウンしても、なにをしても暑い! そんな時は首周りを冷やしてみるのがおすすめです。
太い血管が通る首周りを冷やすことは、顔のほてりを抑えるのに効果的だそうです。
ガーゼなどを水に濡らして巻いてもよし、保冷剤を入れたタオルを巻いてもよし。首に巻くだけなので、お子さまでも簡単に涼むことができますよ。

●マスクに付きにくいコスメを使う

マスクに付きにくいメイクアイテム

最近のコスメコーナーでは “崩れにくい・マスクに付かない” といったパッケージをよく目にするようになりました。クッションファンデーションやティントリップなどは、その代表的なアイテム。
落ちにくさ重視でコスメを選ぶことで、マスクの中がメイクでドロドロ…なんて不快感ともさよならできますよ。

マスク生活を涼しくするグッズ

これからの季節に向けてたくさん登場する、暑さ対策に特化したひんやりグッズ。

今回は、特にマスク生活に役立つアイテムをいくつかピックアップしました。

●マスク冷感スプレー

マスク冷感スプレー

まずは、マスクの内側にシュッとひと吹きするだけで口元が涼しくなる、冷感スプレー。
ミントやシトラスの香り付きなら、リフレッシュ効果もあり気分もすっきりします。マスクの中の気になるニオイを抑えたいなら、消臭効果のある商品やハッカ油などのアロマスプレーもおすすめですよ。

●マスクインナーカップ

マスクインナーカップ

こちらはマスクの中に装着するアイテム。口元に空間ができることで、呼吸や会話が楽になりメイクの付着も防いでくれます。
不織布マスクのプリーツに本体のフックを挟みこむだけと、取り付けもとても簡単。洗って何度も使えるコスパの良さも魅力的です。

●種類も豊富なポータブルファン

ハンディファン

コンパクトで持ち運びに便利なポータブルファン。
電池式やスマホで充電できるUSBタイプなど、たくさんの種類が登場しています。首掛けハンディタイプや超小型のマスク装着型なら、両手を空けたい通勤や荷物の多いお出かけでも、スタイリッシュに涼むことができますよ。

夏のマスク生活も涼しく乗り切ろう!

必要不可欠になったマスク

マスクは今や、季節を問わずマナーとしてもう避けられないもの。
今回ご紹介したアイデアやグッズを駆使して、この夏も涼しく快適に楽しんでくださいね!

\試すなら、30日間完全保証つきの正規販売店で!/
ミラブルオンラインはこちら