メニュー

残暑もぬかりなく!
マスクにつかないメイク術

マスクに付かないメイク術

暑さ、蒸れ、メイク崩れ、そしてマスク汚れ。残暑は気温だけでなく、マスクによるお悩みもピークを迎える季節です。とはいえ、ストレスを理由にメイクをあきらめたくありません。そこで今回は、暑さに負けない、マスクにつかないメイク術をご紹介します。

汗・皮脂・摩擦対策を叶える「マスクにつかないメイク」の手順

メイク崩れやマスク付着を防ぐには、汗・皮脂・摩擦の対策が重要です。この3点を意識したメイクについて、順を追ってご紹介します。

① 汗をかかない涼しい環境にしておく

エアコンで身体を整える

メイクの仕上がりをもっとも左右するもの。それは、土台となる肌のコンディションです。メイク前から汗や皮脂が大量に出ていると、どれだけ丁寧に塗っても崩れやすくなってしまいます。

スキンケアやメイクをする前にエアコンや扇風機で部屋を涼しくしておき、汗をかかない環境を整えておきましょう。家事や身支度で汗ばんでしまった場合は、汗をとめてからメイクを始めてください。時間がないときは、首や脇の下を冷やすと汗がひきやすくなります。暑さも和らいで快適にメイクできるでしょう。

② 夏でも保湿はマスト、乳液やクリームもきちんと塗る

乳液やクリームで保湿

皮脂が多くなる夏から秋にかけては、保湿を控えめにしがち。「メイク前にベタつきたくないから、朝は乳液やクリームを塗らない」という意見も珍しくありません。汗や皮脂で気がつきにくいものの、エアコンや汗、紫外線などの影響で肌が乾きやすくなっています。
また、ファンデーションや日焼け止めの塗り直しによって、ますます乾燥が進むことが。脂性肌だと思っていた人のなかには、実は乾燥による皮脂の大量分泌が起こっていたケースもあります。

肌のコンディションを保つためにも、朝晩のスキンケアできちんと保湿をしておきましょう。水分と油分のバランスが整っていると、日中のメイク崩れも起こりにくくなります。

③ メイク崩れ防止の化粧下地を使う

メイクもちを高めてくれるアイテムといえば、化粧下地。肌悩みや用途に合わせて選ぶことで、理想の仕上がりを実現しやすくなります。
マスク対策には、崩れ防止タイプの化粧下地を取り入れてみましょう。ただし、崩れ防止タイプのなかには、乾燥しやすいものもあるため、事前の保湿は入念にしておきましょう。

メイク崩れ防止の化粧下地

理想の仕上がりを目指すなら、保湿タイプとのW使いがおすすめです。頬や目周り、口周りなどの乾燥しやすい部位には保湿タイプを。皮脂や摩擦崩れが起こりやすい額や鼻、頬骨の上には崩れ防止タイプを使うと、乾燥と崩れ対策を両立できます。

④ マスクにつきにくい新作ベースアイテムを選ぶ

マスク対策のファンデーションというと、一般的には油分の少ないパウダーファンデーションが推奨されています。

マスクに付きにくいベースアイテム

しかし、近年は形状を問わず、マスク対策に特化したアイテムが続々と登場。リキッドファンデーションやクッションファンデーション、BBクリームなど、お好みのタイプを選びやすくなっています。
また、マスク対策というと、油分を控えたマット仕上げになりがちです。マスク対応品にはツヤ肌仕上げ、透明感アップを叶えられるアイテムもあり、理想の仕上がりから選ぶこともできます。

⑤ ベースメイクの最後にフェイスパウダーを

ベースメイクの仕上げには、フェイスパウダーを重ねておきましょう。たとえパウダーファンデーションであっても、そのままベースメイクを終えると、ファンデーションに含まれる油分の影響でマスクにつきやすくなってしまいます。

仕上げはフェイスパウダー

ただし、粉の塗りすぎは乾燥を招くことも。パフに粉を含ませたら手の甲で余分な粉を落としておきましょう。

⑥ チークやリップの仕上げにもパウダーをON

ベースメイクだけでなく、チークやリップの対策もお忘れなく。それぞれを塗った後にフェイスパウダーも重ねておくと、マスクへの色移りを防止できます。

チークの上にもフェイスパウダー

チークの上はしっかり重ねると乾燥しやすいため、ブラシで軽めに塗るとよいでしょう。

リップの上にもフェイスパウダー

リップの上はファンデーションを塗ったスポンジを活用すると、油分を抑えながら粉を重ねられます。
本来の仕上がりよりもマットになりやすいものの、マスクへの色移り対策に効果的です。

⑦ マスクをつける前はいつもティッシュオフ

マスク前にはいつもティッシュオフ

朝にしっかり対策をしても、時間が経つと皮脂や汗は出てくるもの。マスクを外したときは、装着する前にティッシュオフをしてください。これを習慣にしておくと、こまめに汗や皮脂のケアができ、マスクにつきにくくなります。汗を放置すると乾燥しやすくなるので、マスク内部に汗がたまったときもそっと抑えて。これらの習慣が、美肌のキープにつながるでしょう。

暑い季節のメイクは、部屋の環境や肌のコンディションを整えておくことが大切です。そのうえで崩れにくいメイクを心がけると、調子のいい肌をキープしながら夏を快適に乗り越えられるでしょう。

\試すなら、30日間完全保証つきの正規販売店で!/
ミラブルオンラインはこちら