メニュー

目元ケアはなぜ必要?
ケア方法とおすすめのアイテム

目元に悩んでいる女性

顔のなかでも特に年齢が出やすい箇所である、目元。「毎日スキンケアをしているはずなのに、目の周りの乾燥や小ジワが気になる」なんてときもあるのではないでしょうか。
それなら、日々のスキンケアとあわせて目元ケアも取り入れてみましょう。

目元のケアって必要?

ダメージが受けやすい目元

目元ケアと聞くと、「手間がかかるし、面倒くさそう」と感じる方も多いかと思います。しかし、スキンケアの工程を増やしてでも目元ケアを取り入れたいのには、理由があるのです。

◆皮膚が薄く、乾燥しやすい

目元は頬と比べ、皮膚が3倍薄いと言われています。角質層が薄く皮脂の分泌も少ないため、顔のなかでも特に乾燥しやすいパーツなのです。皮膚が薄く乾燥しやすいとなると、必然的に他のパーツよりもダメージを受けやすく、将来的にシミやシワができる可能性も高くなってしまいます。

◆外部刺激を受けやすい

アイメイクを落とす際に強い力を入れたり、無意識に目をこすったりと、目元は外部からの刺激を受けやすい部分でもあります。そのような刺激を受け続けることによりバリア機能が乱れ、乾燥がひどくなる場合もあるのです。

ダメージを受けやすい部分だからこそ、目元は特に意識して保湿ケアをしたい部分です。とはいえ、具体的にどのようにケアをすればよいのか?今回は目元ケアの代表的なアイテムである、アイクリームと目元パックについてご紹介します。

アイクリーム

目元のうるおいを守り、乾燥から防ぐアイクリーム

アイクリームは目元のうるおいを守り、乾燥から防ぐ役割をもちます。

「ただ乾燥を防ぐだけなら、スキンケアで使っているクリームを目元に塗るだけでも十分なのでは?」と思うかもしれませんが、通常のクリームは顔全体のケアを目的に作られているのに対し、アイクリームは目元のケアだけを目的に成分や使用感が設計されています。クリームでは必ずしも効果がないというわけではありませんが、乾燥しやすい目の周りをケアするのであれば、目元用のアイクリームを取り入れたほうが良いのです。

アイクリームは継続して使うことで目元の乾燥を防ぎ、小じわを目立たなくさせる効果に期待ができます。

◆アイクリームはこんな方におすすめ!

一度、目元にできたシミやシワをセルフケアで戻すことはできません。そのため、目元ケアは乾燥による肌悩みがあらわれる前から始めることが大切だと言われています。「特に目元に関する肌悩みはない」「目元の小ジワが少し気になり始めてきた」など、まだ目元ケアの必要性を感じていない方にこそ、乾燥対策としてアイクリームを取り入れたケアがおすすめです。

◆アイクリームの選び方

肌悩みに合ったアイクリームを選ぶ

アイクリームを選ぶときは、肌悩みに合った成分が配合されているものを選びましょう。
今のところ特に気になる目元悩みがないのであれば、保湿成分(アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなど)が配合されたアイクリームで乾燥対策を行うのがおすすめです。

また、紫外線やアイメイクによるシミや色素沈着を防ぎたい場合は、美白成分(プラセンタ、ビタミンC誘導体など)が配合されたアイクリーム。シワが気なり始めている場合は、シワ改善効果のある成分(ニールワン、純粋レチノール、ナイアシンアミドなど)が配合されたアイクリームを選ぶようにしましょう。

◆アイクリームの使い方

商品により異なりますが、基本的にアイクリームは一日一回、夜のスキンケア時、乳液を塗ったあとに使います。化粧水や乳液がベタついたままの状態で塗ると、アイクリームがなじみにくくなるため、ベタつきがおさまってから塗るようにしましょう。

アイクリームの使い方

アイクリームを目の下とまぶたを中心に点置きします。その後、一番力が入りにくい薬指の腹でポンポンと叩くようになじませていきます。目じり部分を塗るときは、反対の手で目の下を軽く伸ばしながら、小ジワのすきまを埋めていくようになじませましょう。

目元パック

角質層にうるおいを与える目元パック

乾燥を防ぎ、うるおいを守るアイクリームに対し、目元パックは角質層にうるおいを与える役割をもちます。顔用パックの目元バージョンと考えると、想像しやすいかもしれません。

毎日使用するアイクリームと違い目元パックは週に数回、スペシャルケアとして使用するものがほとんどです。定期的に目元パックを使うことで角質層にうるおいを与え、目元周りのキメを整える効果に期待ができます。

◆目元パックはこんな方におすすめ!

目元パックは、目の周りの乾燥が気になる日のスペシャルケアとして使いましょう。アイクリームと併用することで、与えたうるおいを保ったまま乾燥を防ぐ効果に期待が持てます。また、毎日アイクリームを使ったケアを続けるのが難しい方には、週に数回、貼ったまま就寝できる目元パックを使い、時間も手間もかけない簡単目元ケアがおすすめです。

◆目元パックの選び方

肌悩みやライフスタイルに合った目元パックを選ぶ

目元パックを選ぶときは、アイクリーム同様、肌悩みに合う成分が配合されているものを選びましょう。
また、目元パックは種類が多いため、自分の好みや生活習慣に合うタイプを選ぶのもポイントです。アイクリームと併用して丁寧にケアをしたい場合は、貼って十数分待つ通常のシートタイプを。反対に手間をかけずにケアをするのであれば、就寝中に使えるタイプなど、自分のライフスタイルに合わせた目元パックを選んでみましょう。

◆目元パックの使い方

目元パックは種類やメーカーにより、使い方がまったく異なってきます。通常のシートタイプは、化粧水または乳液を塗ったあとに目元に貼り、十数分待つものが多いです。就寝中に使うタイプはスキンケア時に目元に貼り、そのまま就寝し、起床後にはがします。

また、保湿成分でできた針がついたタイプ(マイクロニードルパッチ)も、基本的には目元に貼ったまま就寝し、起床後にはがす使い方が一般的です。目元パックを使うときは、事前に使い方をしっかり確認するようにしましょう。

目元をダメージから守ろう!

目元は私たちが想像している以上に日々ダメージを受けています。乾燥や刺激によるダメージから守るためにも、スキンケアのなかに目元ケアを取り入れてはいかがでしょうか。
うるおいのあるキメ細かい目元が手に入ると、スキンケアやメイクも今まで以上に楽しめるようになるはずです。

\試すなら、30日間完全保証つきの正規販売店で!/
ミラブルオンラインはこちら