メニュー

夏の肌トラブルとは?乾燥やニキビ、毛穴悩みの対策!

海岸で麦わら帽子を持っている女性の後ろ姿のイメージ

紫外線が強く、気温も高い夏は、さまざまな肌悩みが増える時期でもあります。毎年夏になると、ニキビやベタつき、冬とは違った肌の乾燥に悩まされる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は夏に起こりやすい肌トラブルの原因と対策についてご紹介します。

夏の肌トラブル(1) インナードライ肌

健康な肌とインナードライ肌の皮脂状態の違いを解説して表している図

肌の乾燥と聞くと、冬をイメージする方も多いかと思いますが、実は夏の時期でも肌は乾燥します。特に夏場に多いのが、肌の外側はうるおっているのに内側は乾燥しているインナードライ肌です。

夏になるとエアコンの冷気や紫外線ダメージにより、肌が乾燥しやすくなります。そんな肌の乾燥を防ごうと皮脂の分泌が過剰になることにより、外側はベタつき、内側は水分が不足する状態が起こってしまうのです。肌表面はテカリやベタつきを感じるのに、内側はつっぱるなどの状態が続くときは、インナードライ肌になっている可能性もあるでしょう。

◆インナードライ肌の対策

お風呂上りに清潔なタオルで顔を優しく拭いている女性のイメージ

インナードライ肌も乾燥肌の一種であるため、基本的な対策としては、丁寧な保湿ケアが大切になってきます。インナードライ肌が気になるときは、化粧水や乳液、クリームを使ったベーシックケアで保湿対策を行いましょう。時期的にベタつきが気になる場合は、ジェルやミルクなどのさっぱりしたテクスチャーのアイテムを取り入れてみてくださいね。

また本来であれば入浴後はすぐに過乾燥が始まるため、浴室を出てすぐの保湿ケアが重要になります。しかし気温と湿度が高い夏場の入浴後は汗をかきやすいため、すぐに保湿ケアを行っても、せっかくのうるおいが汗で流れてしまう可能性もあるのです。夏の入浴後はしっかり汗を拭きとってから保湿ケアを行いましょう。

なかなか汗がひかないときは、首元に冷えたタオルをあてながらの保湿ケアがおすすめですよ。時間に余裕があるときは、タオルで軽く汗を拭いたあと、フェイスマスクなどで乾燥対策をしながら、先にドライヤーで髪を乾かしてしまいましょう。その後、汗がひいたあとに通常の保湿ケアをすると、汗と乾燥対策が同時にできます。

夏の肌トラブル(2) ニキビ

正常な肌とニキビ肌の角質層の違いを解説して表している図

夏は紫外線の影響で肌のターンオーバーも乱れやすくなっています。ターンオーバーが乱れ、角質層が厚くなると、毛穴の出口が塞がり、皮脂がたまります。毛穴内にたまった皮脂はアクネ菌の好物であるため、菌が増殖し、ニキビの原因をつくってしまうのです。

また夏場の室内はエアコンの冷気による乾燥、室外は高温多湿という環境が続くため、皮脂の分泌量も増えやすくなっています。本来肌にとって皮脂は必要な存在ですが、過剰に分泌されることでニキビの原因につながる可能性も高いのです。

◆ニキビの対策

保湿クリームもしくは保湿ミルクのような保湿スキンケアを手に取るイメージ

ニキビ対策としては、原因となる肌のターンオーバーの乱れを整えることが大切。基本的な保湿ケアは欠かさずに続けるようにしましょう。アクネ菌は油分をエサにするため、ニキビが気になるときはオイル美容液やリキッドファンデーションなどのアイテムは避け、ジェルやミルク、パウダータイプのアイテムを取り入れてみてくださいね。アクネ菌のエサになりにくい油分のみを使ったノンコメドジェニックコスメもおすすめですよ。

またスペシャルケアとして、週に1回程度ピーリングコスメを取り入れると、ターンオーバーの乱れの原因ともなる古い角質を効率的に落とすことができます。ピーリングコスメの中でも、ミルクやジェルタイプは比較的低刺激で使えるのでおすすめです。ただし使い方次第では刺激になる可能性もあるので、敏感肌の方は注意してくださいね。

夏の肌トラブル(3) 毛穴悩み

詰まり毛穴と開き毛穴の違いを解説し表している図

エアコンの冷気や紫外線ダメージにより、肌が乾燥する夏場は、過剰な皮脂分泌により開き毛穴も起こりやすくなっています。

また夏場は、日常的にウォータープルーフの日焼け止めを使ったり、メイク崩れが起きるたびにファンデーションを塗り直したりする機会も増えるでしょう。それらの汚れをしっかり落としきれないと、肌表面で皮脂と混ざることで角栓ができ、詰まり毛穴の原因になる場合もあるのです。

◆毛穴悩みの対策

洗顔後に清潔なタオルで顔をやさしく拭いている女性のイメージ

毛穴悩みには、不要な汚れや皮脂のみをしっかり落とすケアが大切です。日頃のケアでは、クレンジングや洗顔を丁寧に行うことを心がけてみましょう。クレンジングや洗顔前にスチーマーやホットタオルで肌全体を温めておくと、汚れも落としやすくなりますよ。

開き毛穴の場合は過剰な皮脂分泌が原因なので、日中は清潔なタオルやティッシュで余分な皮脂を拭き取る習慣を意識してみてくださいね。朝のスキンケア時にビタミンC誘導体コスメや収れん化粧水、皮脂に強いタイプの化粧下地を取り入れるのもおすすめです。

詰まり毛穴には、酵素洗顔やピーリングコスメが効果的。また黒くなった角栓は酸化している状態なので、抗酸化効果のあるコスメを取り入れてみてくださいね。

夏の肌トラブル(4) ベタつきやテカリ

過剰な油脂分泌がどのような状態を指すのかを表している図

夏に起こる過剰な皮脂分泌は、ニキビや毛穴悩みだけでなく、ベタつきやテカリの原因にもなります。肌のベタつきやテカリは、皮脂と混ざることでメイク崩れの原因になったり、汚れが付着することで肌荒れを起こしたりする場合もあるのです。また肌がベタついて角質層がふやけた状態が続くと、バリア機能も低下し、外部ダメージを受けやすくなってしまいます。

◆ベタつきやテカリの対策

メイクに使用するパフのイメージ

ベタつきやテカリは過剰な皮脂分泌が原因であるため、開き毛穴と同じく、収れん作用のあるコスメや皮脂に強いタイプの化粧下地を取り入れるのがおすすめです。反対にメイクの厚塗りや油分の多いアイテムの使用には注意しましょう。

ベースメイクは少量を薄く伸ばした後、スポンジで軽く叩きこむようにして密着力を意識してみてください。日中に行う化粧直しでは、ミストスプレーでうるおいを与えた後、油分の少ないパウダータイプのファンデーションを塗り直すと、皮脂対策ができますよ。

対策をして快適な夏を過ごそう!

冬場とはまた違う肌悩みが増えやすい夏は、日々のスキンケアやメイクで困ることもあるかもしれません。もしも乾燥やニキビ、毛穴などの肌悩みが出てきたら、自分に合った対策を日頃のケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。対策を行い、肌悩みがケアできることで、夏のシーズンも快適に過ごせるようになるはずですよ。

ミラブルオンラインはこちら