メニュー

【検証】ミラブルケアはいつ使うと効果的?

毎日朝と夜、洗顔後の肌に最初のスキンケアとして使っているミラブルケア。
まっさらな肌に化粧水がぐんぐん入る感じがするし、そのあとに使う乳液やクリームのなじみの良さにも満足しています。

ミラブルケア

でも、使っているうちにこんな疑問が…。

「もしかして、実はもっと効果的なタイミングがあるんじゃないの??」

せっかくなら、ミラブルケアの効果を存分に発揮できる使い方をしたいものです。そこで今回は、実際に2つのパターンで検証し、ベストなタイミングを探ってみることにしました!

乳液の前と後、2つのパターンで検証

ミラブルケアとスキンケアアイテム

スキンケアは「化粧水→乳液→クリーム」というのが一般的な流れ。私の場合も、化粧水入りのミラブルケアをスキンケアの最初に使ってきました。でも、化粧水と乳液の順序を逆転させる “乳液先行型” なる美容法も存在するのだそう…。

これはぜひ、ミラブルケアでも試してみたい!そこで「ミラブルケア→乳液→クリーム」「乳液→ミラブルケア→クリーム」の2つのパターンで、仕上がりの肌の違いを検証してみることにしました。



1.ミラブルケア→乳液→クリーム

ミラブルケア 乳液 クリームの順

使用するのは「ハトムギ化粧水」入りのミラブルケアと、「PLuS(プリュ)」というシリーズの乳液、そして「豆乳イソフラボン」シリーズのクリームです。この乳液は、先にお話しした “乳液先行型” のスキンケアにも使える万能アイテムです!

ミラブルケアを肌へ吹きかける

まずは、洗顔後の肌にミラブルケアをシューッ!

手に取ってから顔に付けてもいいですが、私はミストを直接浴びる派。3~5回くらいに分けて、そのつどハンドプレスでしっかりなじませながら重ね付けすると、より潤うのでオススメです。

乳液を肌に塗りこむ

もう入らないよ~ってくらいに肌が潤ったら、続けて乳液をつけましょう。

濃厚なクリームで潤いを逃さないようフタをする

最後はこっくり濃密なテクスチャーのクリームで、潤いにフタをしましょう。これで、ぷるっとハリ感溢れる瑞々しい肌のできあがりです。



2.乳液→ミラブルケア→クリーム

乳液 ミラブルケア クリームの順

次は、ミラブルケアと乳液の順番を逆にしてケアしてみましょう!

乳液を手のひらに出す

洗顔後の肌に、まずは乳液をなじませていきます。いきなり乳液を付けるのは少し不思議な感覚ですが、なんだか肌を柔らかくほぐしてくれるようで心地いい…!

続けて、先ほどと同じようにミラブルケアのミストを3~5回くらいに分けて噴射し、ハンドプレスしながら丁寧になじませていきます。

最初に肌へ乳液を乗せる

スキンケアの最初に使うときより、ミラブルケアの浸透*スピードは少しゆっくりめに感じますが、確実にしっかり潤いをチャージしてくれている感覚があります。

最後は仕上げのクリームで完成!触れた指先を優しく押し返すような、ふわっと柔らかな弾力のある肌に仕上がりました。
*角質層まで

仕上がりの肌にどんな違いがあった?

肌の変化を比較

左:乳液前に使用 右:乳液後に使用

写真で見比べても分からないほど、潤い感や毛穴の目立ちにくさには大差なし。ただ、明らかな違いを感じたのはその手触りです。

「ミラブルケア→乳液→クリーム」の順番でケアした肌の手触りは、一言で言えば「さっぱりすべすべ」。クリームのベタ付きは残らず表面はつるんとしているのに、内側に水分を溜めこんだようなプリっとしたハリがあります。

一方「乳液→ミラブルケア→クリーム」でケアした肌の手触りは「しっとりもちもち」。手のひらが吸い付くような感触で、時間が経っても肌表面に瑞々しさが残っている感じがしました。

ということで…「どちらのタイミングで使うのがより効果的か?」という面で考えると甲乙つけがたく、仕上がりの好みによって使い分けるのがベスト!そんな検証結果になりました。

朝晩で使い分け! オススメの使い方

使うタイミングを変えるだけで仕上がりの肌が変わるなら、これを生かさない手はありません!ここからは、私が実践しているオススメの使い分け方法をご紹介しましょう。



1.朝はスキンケアの最初に

ミラブルケアを取り出す

肌を内側からたっぷり潤わせるために、朝はスキンケアの最初にミラブルケアを使うのがオススメ。つるんとした仕上がりなので、すぐにメイクをしてもヨレにくくベタつきません。

朝一番で十分な水分をチャージすることで日中もテカりにくく、紫外線やマスクなどの肌ストレスにもゆるがない肌に整えてくれますよ。

メイクの最後にフィニッシングミスト感覚で使うのもオススメ!ファンデーションの粉っぽさが解消され、しっとり潤う仕上がりになります。



2.夜は乳液のあとに

ミラブルケアで夜のお手入れ

日中のさまざまなダメージで、皮脂量と水分量のバランスが崩れてしまった肌。そんな、ごわつき硬くなった肌には、ミラブルケアを使った乳液先行型スキンケアがオススメです。

先に乳液で油分を与えて柔らかくすることで、ミラブルケアの浸透*力もぐんとアップ!肌にもう入らなくなるくらいまでミストをたっぷりなじませて、クリームで潤いにしっかりフタをして眠れば、翌朝の肌のもっちり感に驚くはずですよ。
*角質層まで

肌に合わせたタイミングでミラブルケアを使おう!

ミラブルケア スキンケア

朝は「ミラブルケア→乳液→クリーム」、夜は「乳液→ミラブルケア→クリーム」。そんな方法でケアすると、長年の悩みだったインナードライ肌(内側は乾燥しているのに表面はベタベタの状態)もかなり改善された気がします。

朝晩や肌の状態によって使うタイミングを変えることで、効果がさらに底上げされるミラブルケア。みなさんもぜひ、自分にぴったりの使い方を見つけてみてくださいね!

ミラブルオンラインはこちら