メニュー

ミラブルプラスの男性目線レビュー!

お肌の潤いや髪のツヤをアップしてくれて、浴びるだけで全身キレイになれると話題のミラブルプラス。
「美顔器のようなシャワーヘッド」とも謳われるその美容効果から女性向けのイメージが強いですが、実は男性目線でみても嬉しい効果がたくさんあるんです。

男性にも嬉しい効果がいっぱいのミラブルプラス

我が家の夫もミラブルプラスを使い始めて3カ月、なんだか嬉しい変化を感じている様子。 バスタイムの質や美容意識が向上したというので、今回は具体的にどんな変化があったのか教えてもらいました!

洗顔料を使わなくてもテカリが気にならなくなった

男性の肌はテカリがち。それもそのはず、女性に比べて皮脂の分泌量は2~3倍も多いのに水分量は少なく、インナードライの状態になりやすいそうなのです。

夫も日中の顔のテカリが気になっていたようで、以前は「すっきり爽快メンソール!毛穴汚れやアブラをしっかり落としてテカらない!」みたいな、けっこう刺激が強そうな洗顔料を愛用していました。

そして、化粧水などのスキンケアも全くせず美容には無頓着でした。

男性のスキンケアとミラブルプラス

そんな夫が試してみたのが、ミラブルプラスのミスト水流をつかったケア。

1㏄(小さなサイコロ1個)中に約2,000万個も含まれるという超微細なウルトラファインバブルが、毛穴の細かいところまで届き汚れを吸着してキレイにしてくれるのです。

ミラブルプラスのミスト水流

いつものバスタイムで、2~3分を目安にミスト水流を顔に浴びるだけ。洗いあがりは洗顔料を使ったときのようなツッパリ感がなく、しっとりと潤うのを実感するそうです。
そして夫いわく、朝起きたてや日中の顔のテカリが以前より気にならなくなったとのこと。肌の水分量がアップし、余分な皮脂の分泌が抑えられているのかもしれません。

とにかく肌の調子はすこぶる良いそうで…! 妻の私からみても、なんだか前より顔がすべすべになった気がしています。

以前より自分の肌の様子を気に掛けるようになり、乾燥が気になるときはお風呂あがりに化粧水でケアするようになるなど、美容意識が向上したのも大きな変化です。

まるでヘッドスパ! バスタイムの癒し度が急上昇

仕事で帰宅が遅くなることも多い夫は、帰ってくるとバスルームに一直線。とにかく早く寝たい! とお風呂をパパッと済ませてベッドに向かう日々でした。

でもミラブルプラス使い始めてからは、夫のバスタイムが少し長くなったような気が…。その秘密は、ストレート水流を頭に浴びる気持ち良さを知ってしまったことにありました。

ヘッドスパを楽しむ男性

地肌に程よい刺激をあたえるその感覚は、まさにヘッドスパ。夫いわく、このくらいの距離で浴びるのが一番気持ち良いのだそうです。 汚れと一緒に一日の疲れまでするりと落としてくれるみたいで…これまでは憂鬱だったバスタイムが、今ではなくてはならないリフレッシュタイムになっているようです。

自宅で打たせ湯風! 湯冷めしにくくなった

夫流の、ストレート水流のお気に入りの使い方がもうひとつ!
それは、ミラブルプラスをシャワーフックにかけて、首の後ろ~背中にかけてストレート水流で打たせ湯風に浴びることです。

ミラブルプラスのストレート水流

リフレッシュ効果以上に嬉しいのが、お風呂からあがったあとも身体のポカポカが持続すること。
それもそのはず、ミラブルプラスのストレート水流は、従来のシャワーヘッドを使用した場合より肌表面の温度が平均3.6倍上昇するという実験結果が出ているそうなのです。

夫も湯冷めしにくくなったことで寝付きが良くなったそうで、翌日の疲れの取れ方が違うと喜んでいます。

ミラブルプラスで男性の肌もスベスベに

このように、夫はミラブルプラスを使い始めてから良い変化をたくさん感じているみたい。
妻の私からみても

などなど、なんだか嬉しくなるような夫の変化を感じています。

子どもたちから「パパ、ほっぺすべすべ~」とツンツンされるのも嬉しそうで、まだ赤ちゃんの娘に頬ずりする姿も微笑ましいものです。

男性こそ、ミラブルプラスをつかってみるべし!

ミラブルプラスを持つ男性のイメージ

私の美容目的で導入したミラブルプラスですが、まさか家族みんなが大好きになるなんて…。特に夫にこんなにも良い変化をもたらしてくれるなんて、嬉しい誤算です。

夫いわく「多忙で自分のケアに時間をかけるのは面倒だと思っていたが、日々の暮らしに組み込めるミラブルプラスなら無理なく続けられるかも」とのこと。

手軽にバスタイムの質や美容意識を高めたい! そんな男性はぜひミラブルプラスを使ってみてはいかがでしょうか?
以上、ミラブルプラスの男性目線レビューでした!

\試すなら、30日間完全保証つきの正規販売店で!/
ミラブルオンラインはこちら